【UberEats】初めての利用でも安心!UberEatsの仕組みやメリットなどを分かりやすく紹介


家から出なくても美味しいものが食べれるデリバリー(宅配)サービス。デリバリーサービスを提供している企業は多くなっています。出前や宅配となると、贅沢なものとして考えられているので、利用するのに抵抗があるという方も多いです。

しかし、手軽に頼めることから利用者が増加しています。店舗自体がデリバリーサービスを提供してるところもありますが、「UberEats」のように店舗と契約しているサービスもあります。配達が決まったらUberEatsの配達員が店舗へ出向き、配達先へ配達する仕組みです。コロナ渦で更に人気を広げているサービスと言えます。また、配達してもらうだけでなく、配達員にもなれるのも画期的なサービスです。

UberEatsとは?

UberEatsとは?

UberEatsとは、スマートフォンなどの端末で注文した料理をデリバリーしてもらえる米国発のデリバリーサービスです。アメリカ合衆国のカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くウーバー・テクノロジーが2014年より展開しています。日本では2016年からサービスが開始(参考記事:Uber Eats – Wikipedia)し、地元のレストランやファストフード、日用品などの配達などもしてもらえるということで、年々利用者が増加傾向にあります。サービス提供開始時は、主に首都圏での展開となっていましたが、現在は全国へサービス展開をしています。

UberEatsの特徴

「1円から注文が可能」、「誰でもUberEatsの配達員になることができる」、「地元のレストランも利用できる」ということがあげられます。デリバリーサービスの多くが1品では注文が不可能か、最低金額以上のものを頼まないと配達が不可能という場合が多かったです。また、UberEatsの配達員には誰でもなれて、自転車での配達なども可能なことから、学生から年配の方まで配達員として活躍しています。大手チェーンのような店舗だけでなく、地元のレストランや食事処の配達もしてもらえるのが人気の秘訣です。2021年の11月には利用者が498万人を達成するなど、これからも利用者は増加の一途を辿ると言われています。(参考記事:「フードパンダ」日本撤退、コロナ禍乱立のデリバリー業に淘汰の動き – Bloomberg)

他社との違い

UberEatsは、「最低注文価格の設定がないため、1円から注文が可能」ということが一番の特徴です。他のサービスでは店舗などによって、最低注文価格がちがってきます。注文した商品の金額以外に、手数料が発生します。これはUberEatsだけでなく他のデリバリーサービスも同様です。サービスによって手数料などにも差があるため、デリバリー業界で2強と呼ばれている出前館と比較してみましょう。

サービス名出前館UberEats
店舗数約50,000店舗約50,000店舗
最低注文金額店舗によって異なるなし
(700円未満では150円の手数料が加算)
配達手数料0円~420円50円~
営業時間9時~26時(店舗によって異なる)8時~25時(地域・店舗によって異なる)
支払い方法現金
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
キャッシュレス決済
(LINE pay/PayPay/Apple Pay)
現金
クレジットカード
請求書払い
ポイント決済
携帯キャリア決済
キャッシュレス決済(LINE pay / Paypay / Rakuten Pay/Apple Pay)

上記のように、料金や支払い方法に違いがあります。

UberEatsの仕組み

UberEatsの仕組み

簡単に料理を注文することができるのがUberEatsのサービスとなっています。アプリやWEBサイトからお届け先の住所と料理や日用品を選ぶだけです。飲食店の出来立ての料理や日用品を配達してもらえるため、家にいても出来立ての美味しい食事を食べることや買い物に出かけなくても日用品を手にすることができます。注文が完了した後には、評価をし合う、相互評価制を取り入れているため、安心安全なサービスの維持が可能となっています。

STEP1:商品の注文

購入者がアプリやWEBサイトから配達場所を指定して、料理を選んで注文します。注文する際には、大体のお届け時間の見込みも分かるのが、とても嬉しいポイントとなっています。

STEP2:お店に注文が入る

購入者が支払いを終えると、注文のデータがお店に到着します。注文内容を確認して欠品などがあれば、その旨を購入者に連絡します。

STEP3:注文された料理の準備

注文内容を確認したら、料理の準備をします。顧客によっては、要望などが書かれているため、留意して用意します。

STEP4:配達員の手配

お店に注文が入った時点で、配達をする配達パートナーに配達リクエストを店舗が要請します。リクエストを受け取った配達員は、配達の商品を取りに店舗に向かいます。

STEP5:商品を配達員に渡す

店舗に到着したら、店舗スタッフは配達パートナーに商品を渡します。その際に、代済みであるのか、配達した際に支払いなのかを確認します。

STEP6:配達員が商品を届ける

配達パートナーが購入者の注文先の住所へ商品を届けます。その際には、今どこら辺に配達パートナーがいるのか購入者はアプリやWEBサイトで確認できるようになっています。

UberEatsを利用するメリット

UberEatsを利用するメリット

「購入者」、「飲食店や日用品店」、「配達パートナー」それぞれにメリットがあるのがUberEatsの魅力となっています。

購入者のメリット

話題の店舗や有名店舗、ファストフードなどの料理を待たずに食べれることです。配達の平均時間は30分程度ととても速い配達時間です。最低注文価格がないのもメリットと言えます。

飲食店のメリット

加盟店登録をすることで簡単に宅配サービスを利用することが出来ます。端末のデポジットやテイクアウト用の容器を準備するだけで、店舗の料理をデリバリーすることができるため、コロナ等の打撃を受けている店舗などにもとても喜ばれています。デリバリーサービスを利用することで売上アップが見込めるのも嬉しいですよね。

UberEatsの各種料金

UberEatsの各種料金

UberEatsでは、手数料がかかるため各種料金を確認してから注文することをおすすめします。

配達手数料

配達手数料は配達パートナーに支払われます。配送料は店舗から注文先までの距離や、配達できるパートナーの数によって変動していく仕組みです。注文する人が増える時間帯などは料金が上がる傾向にあります。また、注文が集中しやすい昼食時や夕食時などで店舗が混みあう時間も配送手数料は高い傾向にあります。キャンペーンなどで配送料が無料となる期間などもあるので、確認しておく必要があります。

注文金額による手数料

1円から注文が可能となっていますが、注文料金が700円未満だった場合には、一律で150円の手数料が必要となります。

サービス料

サービス料は5%〜10%ほどとなっていて、配達エリアや配達パートナーの状況などにより変動します。UberEatsを使用していても、レストランなどの従業員が直接配達する場合には料金は請求されません。何度も少量での注文をしてしまうと損をする可能性があるため、一度に700円以上の注文をしたほうがお得と言えます。

UberEatsをお得に利用してみよう

初回利用の方のクーポン

UberEatsではお得なクーポンが配信されています。初めての利用で1,000円引きになるプロモーションコードである

【JPEATS60A】

を入力するだけで、1,000円引きになります。このクーポンの使用期間は、2022年8月31日までです。

初回の方はこちらからすぐに注文できます!↓

【a】Uber Eats  フード注文

プロモーションコードは【JPEATS60A】

2回目以降の方のクーポン

また、2回目以降を利用する人のプロモーションコードは、

【OKAIMONO2022】

になります。Uber Eatsの対象店舗で1,500円以上注文すると合計金額から30%OFFになるキャンペーンで2022年9月11日までになります。期間が終わっても、お得なクーポンが出てくるので、常にチェックしておくことをおすすめします。

こちらからすぐに注文できます↓

Uber Eats 既存ユーザー注文

プロモーションコードは【OKAIMONO2022】

 

UberEatsについての詳細情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。