大人気のデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」について


1.Uber Eatsとは?

>Uber Eatsの詳細ページはこちら

最近Uber Eatsを街中でよく見かけるようになった方も多いんじゃないでしょうか?

UberEatsはアメリカ発のフードデリバリーサービスです。で2014年に立ち上げられました。そして、2016年から日本でもサービスが開始されています。

コロナ禍で外食する機会が減り、デリバリーサービスを利用することが増えている人も多いと思います。

今回は、大人気のデリバリーサービス「Uber Eats」について解説していきます。

 

2.Uber Eatsがオススメな理由5選

Uber Eatsがオススメな理由5選

①利用できる店舗が多い

Uber Eatsはほかのデリバリーサービスに比べ、利用できる店舗が多いです。店舗が充実しているので食べたいものを自由に選べます。

②配送料が安い

距離や時間などによって配送料は異なりますが、比較的配送料は安くなっています。

③早く届く

時間帯や天候などによってばらつきはありますが、個人的な感想としては、30分以内には届きます。

④アプリのUIがよい

アプリのデザインが見やすく、誰にでも使いやすいデザインになっています。

⑤配達時間を指定できる

注文する際に、配達時間を指定することが可能です。30分単位で1週間以内の日時が選択可能です。

 

3.UberEatsの利用方法

UberEatsの利用方法

①Uber Eatsのアプリをダウンロード

Uber Eatsのアプリを検索し、ダウンロードします。

アプリはこちらから

 → App Store / Google Play

②電話番号やメールアドレス、配達先の住所などを登録する

電話番号やメールアドレス、配達先の住所などの情報を入力し、会員登録をします。

③メニューを注文する

注文したい店舗を探して商品を選択し、カートに追加します。

④注文を決済する

決済画面では、商品の小計、サービス料、配送手数料の合計が確認できます。

確認後、決済を完了します。

⑤配達完了後に配達員を評価する

配達完了後、配達員や店舗の評価を行うことが出来ます。必要に応じて評価をします。

 

4.Uber Eatsの利用可能エリア

Uber Eatsの利用可能エリア

日本国内では、35都道府県で利用可能となっています。(2021年5月時点)

利用可能エリアは拡大中です。

 

5.Uber Eatsの支払い方法

Uber Eatsの支払い方法

Uber Eatsの支払い方法を紹介します。

 

①カード払い

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードが利用可能です。

②オンライン決済

LINE Pay、PayPay、Apple Payが利用可能です。

③現金払い

10,000円(税込)までであれば、現金払いも利用可能です。

 

6.Uber Eatsの利用料金

Uber Eatsの利用料金

Uber Eatsを利用した際にかかる料金についてまとめました。Uber Eatsを利用する時の参考にしてください。

 

①商品価格 

注文した商品の価格です。

②配送手数料

お届け先や、配達パートナーの数によって変動します。最安値は50円という場合もあります。

③サービス料

注文金額の10パーセントがサービス料として発生します。

④少額注文における手数料

700円未満の少額注文の場合は、別途150円の手数料が発生します。

 

7.Uber Eatsの便利な使い方

Uber Eatsの便利な使い方

Uber Eatsの便利な使い方を紹介します。

 

①外出するのが面倒なとき

食事をするために外出するのが面倒なときもありますよね。そんな時、注文から支払いまでアプリで完結するUber Eatsは便利です。

②料理を作るのが面倒なとき

料理を作るのが面倒なときもあると思います。そんな時も注文すれば、すぐに届けてくれます。

③仕事が忙しいとき

仕事が忙しいときは、料理をしたり食事を買いに行く時間がないこともあると思います。そんな忙しい人にもオススメです。

④ピクニックなどをするとき

デリバリーサービスなので、公園などにも配達してもらえます。ピクニックをするとき便利ですね。

⑤ホームパーティーをするとき

ホームパーティーをするときも活用できます。事前に日時を指定しておき、配達してもらうことも可能です。

 

8.Uber Eatsを利用する際の注意点

Uber Eatsを利用する際の注意点

①配達を頼めないこともある

配達パートナーが近くにいない場合、配達を頼めないこともあります。

②時間通りに配達されないこともある

大雨などによって、配達時間が遅れることもあります。

③トラブルが発生することもある

注文した商品が届かないというケースも実際に起こっています。

④配達手数料が高いときがある

エリアや時間帯によって配達手数料が高くなってしまっている時があります。

⑤防犯面で安心に欠ける

配達パートナーは配達パートナーに登録している一般の方です。防犯面においては、安心できない部分もあります。

 

まとめ

Uber Eatsは利用できる店舗も多く、食べたい料理を早く配達してくれるのでいいですよね。アプリだけで注文が完了するというのも便利なデリバリーサービスです。

コロナ禍で家にいることが多いと思うので、UberEatsはさらに拡がっていきそうです。

 

Uber Eatsについて詳細をまとめたページを用意しています。

こちらからご確認ください。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です